徹底解剖!なぜ今 二世帯住宅 が人気なの?[2]

多様化する 二世帯住宅 スタイル。選べる間取り

実際に二世帯住宅といっても、どんな暮らしになるのかイメージ出来ない方も多いかもしれません。
親世代と子世代のライフスタイルや生活時間の違いなど、お互いの世代が協力してメリットを最大限に享受するために、住宅スタイルによる違いを知り、プランニングの際に事前に家族で話し合っておくべきポイントなど、さまざまな視点から二世帯住宅を分析してみましょう。

分離型、部分共有型、共有型

分離型イメージ

【分離型】
1・2階で世帯を完全に分ける「上下分離タイプ」と、双方が玄関や内部ドアで行き来できるようにした「連棟分離タイプ」があります。
お互いの世帯の影響を受けることなく、それぞれの生活パターンを守ることができる反面、交流が不足しないように注意する必要があります。

部分共有型イメージ

【部分共有型】
玄関やLDKなど、住まいの一部を親世帯と子世帯が共有して使用するタイプです。
プライバシーが確保しやすく、お互いの生活パターンを守り易い形です。ただ、その分建築費用がかかったり、二世帯分の光熱費が必要になるなど、注意が必要です。

共有型イメージ

【共有型】
親世帯と子世帯が寝室以外のすべてのスペースを共有しあう、昔からの同居スタイルです。
建築費用を抑えることができ、光熱費のムダもありません。経済面でのメリットがある反面、プライバシーの確保が難しいデメリットがあります。

経済面での注意したいポイント

いくら親子といえども、お金の問題を曖昧にしておくとトラブルのもと。同居における家計費はそれぞれ明確にしておくと、お互いにとって良いでしょう。
毎月の電気・ガス料金などの光熱費も「子メーター」を付けることで明瞭会計、それぞれが使った分を把握することでけじめのある共同生活を。

暮らしの質を追求する際のポイント

お金の問題も重要ですが、何より毎日暮らす家だからこそ、注意しておきたいポイントは盛り沢山。
二世帯住宅をプランニングする際にまず大切なのは、それぞれの世帯の生活スタイルを考え、生活場面や動線をイメージしたゾーニングをすることです。

例えば、限られた敷地の中で玄関を1階と2階に2つ設けておくだけで、帰宅の遅い子世代が気兼ねなく暮らすことができます。
また【洗面・外出・帰宅・食事・来客・入浴・就寝】などの日常生活の中で、親世代と子世代が共有するゾーンを考慮することで、快適な二世帯住宅ライフを過ごすことができます。特に毎朝の通勤・通学時の洗面所や帰宅後の入浴など、家族が使う時間が重なりやすい場所は数や配置にも注意が必要です。

間取りよりも、大切な二世帯住宅心得!

いろいろ話し合って素敵な二世帯住宅を建てたのに、実際に生活をしてみるとトラブルだらけ…間取りよりももっと大切なのがお互いの世帯を尊重しあう意識です。
生活スタイルや価値観が世代ごとに違うのは当たり前、それぞれの暮らし方を尊重し、あまり干渉しない・干渉されないことも大切です。
あらかじめ基本ルールをつくっておき、孫の教育方針や経済的な甘えも出来るだけ曖昧にせずルール化しておくだけで、協力し合う部分とそうではない部分を各世帯が認識でき、良好な関係が保てるでしょう。